肌や目などに様々な影響をおよぼす紫外線(UV)対策について紹介しています。目に見えなくて厄介な紫外線。正しい対処法でしっかり日焼け対策・ケアすることで、シミやしわなどの老化現象を抑えます。優秀なUVケア化粧品やアイテムなど、紫外線対策専門サイトです。

スポンサードリンク

紫外線対策の季節です!

「焼かない」にこだわるなら ⇒ SPF50ウォータープルーフ

海や野外スポーツなど、長時間紫外線にさらされるなら、SPF50で汗に強いウォータープルーフタイプを選びましょう。焼けない代わりに肌に負担がかかりやすいので、使用後のケアは念入りに。

日常使いなら ⇒ SPF25以下のライトなタイプを

日常生活の紫外線対策にはSPF50も必要ありません。毎日使う日焼け止めはライトなタイプのものを選んで。

手軽な使用感なら ⇒ UVカットスプレー

最近登場した新しいタイプの日焼け止め「UVカットスプレー」はメイクの上からシュッとかけられ、手も汚れない手軽さが人気。手直しも簡単。


紫外線の種類

【紫外線(UV-A)について】
「UV-A」は、波長が長い紫外線(UV)です。その35~50%が表皮を通過して、真皮まで到達するそうです。このUV-Aは、肌を黒くさせる「サンタン(色素沈着)」を引き起こす原因なのです。また、慢性的にこのUV-Aを浴びていると、シワやたるみといった肌の老化の原因となります。これは、皮膚の"弾力線維"や"膠原線維(こうげんせんい)"にUV-Aが影響を与えてダメージを引き起こすからなのです。


【紫外線(UV-B)について】
「UV-B」は「UV-A」に比べて波長が短い紫外線になり、真皮にまでは到達しません。紫外線(UV-B)の場合は、浴びた直後からすぐに反応をおこして、急激に表皮を赤くするなどの「サンバーン」という炎症を起こしてしまいます。これにより、肌の乾燥を引き起こすのでシミやソバカスなどの肌トラブルの原因となります。


紫外線(UVーA・UV-B)は、このように肌にダメージを与えるのです。
シミやシワなどの原因となりますから、改めて日頃からの紫外線(UV)対策の大切さが分かりますね。

スポンサードリンク

サンプロテクト25

▲このページのトップへ

サンプロテクト25


シャイニーUVパウダー


携帯版のQRコード

紫外線対策でUVケア NO!日焼け!美白の達人:携帯版

携帯サイトは3キャリア対応です。

当サイトは携帯でもご覧頂けます。
携帯版サイトURL:
http://uvcare.coresv.net/m/
上のQRコードから読み取るか、URLをケータイに送信してアクセスしてください。

ほくろ レーザー治療フラクセル福岡 占い